女性らしいコーデはついマネしたくなっちゃう!


買い足すならUnder10000円で

まだまだ暑いから、秋といってもなかなか秋物買いたくない、着たくない・・・
そんな自分がいます。
でもこれから秋物は買わないといけないから予算も取っておかないといけないよね。
わかっているんだけどセールの文字につられて夏物買いまくっている人いますよね。もちろん私もその一人。
でもね。買うときルール決めているんです。
この時期、夏物買うなら10000円以内で。
やっぱりどうしても欲しくなるからついつい買いまくっちゃうけど10000円以下って決めておくといいですよ。
どうしても欲しくても、完全に今年の流行ならもう来年は絶対に着ないと思った方がいい。そうなってくるともう着るのはあと半月くらいしかないよ~。
まぁ、買わないに越したことはないけど欲しくなっちゃうよね~。
だからこそ値段を決めておくのは大事かも。
おしゃれアイテムがセール価格でゲットできちゃうファッション通販なら→acodesign.jp

これからの時期大活躍、マキシスカート

“暑い日差しを遮るといってもデニムパンツはまだ暑い・・・
でもいちいち日焼け止め塗るのもめんどう~っていうとき大活躍してくれるアイテムがマキシスカート、マキシワンピースです。
なんといっても涼しい、カワイイ、女性らしい。三拍子そろっております。
そして生地によっては春、夏、秋までとかなり幅広く着られるので、私も色々と持っているんですけど、最近はスエット素材のマキシスカートにスニーカーを合わせる大人かわいいコーディネートが好きです。
ガーリーなデザインにヒール靴を合わせてもいいですよね。
ただ、マキシワンピやマキシスカートは合わせるトップスに気を付けないと太って見えてしまいます。
なるべくゆるトップスは避けましょう。どうしても体型カバーしたいときにはウエストをブラウジングして。それだけでもかなり細見えが期待できます。
便利なマキシスカートだけど、気を付けないといけないポイントはしっかり押さえて素敵に着こなしてくださいね。
関連キーワード:マキシスカート、マキシワンピース


More »

絶対FFワンピ

“夏の大本命ワンピといえばFFワンピだよね。
FFとはフィット&フレアのこと。上がピタッとしていて
下がフレアなスカートになっているものだよ~。
お嬢様っぽいイメージのこのワンピは今色んなデザインが出ていて
特にスタイルよく見せてくれるからおすすめだよ。
私も今年着ている&新しく買ったワンピはほとんどがFFワンピだよ。
ベアタイプのものとかもすごくスタイルよく見えるから絶対買い。
スタイルにもよると思うんだけど、私はお腹は出ていないんだけど
太ももが気になるタイプなので太ももをうまーく隠してくれる
このワンピはすごくありがたいの~。
お腹が気になる人でもハイウエストのものを選べば下腹はフレアスカート(サーキュラースカート)の部分で隠されるからそんなに気にならないよ~。
二の腕もカーディガンを羽織ったりすれば大丈夫。
一つは持っていて損はないよ~。”


More »

ガーリーファッションはソフィア・コッポラに学べ!

カンヌ映画祭で「The Bling Ring」が好評を博したソフィア・コッポラ。監督としての彼女の評判はもちろんのこと、ガーリーなファッションにおいては全世界の女の子たちが憧れるほどの人物。そんな彼女の選ぶリトル・ブラック・ドレスは「ヴァレンティノ」!今年のリゾートコレクションのLBDは胸元のシースルーに白い襟がアクセントになったもの。これぞガーリーの名にふさわしいドレスです。シックなひざ下丈にスケルトンパンプスを合わせてちょっと遊び心をプラスしたソフィア。彼女にしては珍しいですね。リゾートラインを意識しているのでしょうか?ネイルとリップの色を淡いピンクでまとめてきたところはさすがです。このドレス、レングスも長めですので、日本でも使いやすいですね。結婚式ワンピースにピッタリの上品さでありながら、周りと差をつけたいならぴったりです。


More »

新たに浮上の「ブラック×ホワイト」

スタイリッシュで品格リッチに決まる、ブラック×ホワイトのツートーンルック。白を主役に据えて、黒をアクセント的に使う計算されたコーデが新鮮。黒一色の装いでも艶やかに見せるのが冬ファッションの流儀となりそう。新たに今年の秋冬トレンドに浮上してきたのが、強さとたおやかさを兼ね備えた装い。「ジェントルマンウーマン」と呼びたくなるようなダンディーな紳士テイストに凛々しさやしなやかさを加えたスタイリングらしいですよ。チャンキーニットやボリュームアウターが人気を呼ぶ気配♪貴婦人風のペプラムトップスやロマンティックなブラウス、豪華なビジュー使い、スカート+パンツの新レイヤードなどもおしゃれシーンをにぎわせそうです。冬物を新たに追加しようと思っているなら、スタイリッシュに決まる、ブラック×ホワイトのツートーンルックを探してみてはどうでしょう?


More »

カゴバッグで夏全開

夏といえば海、プール、ということでバッグはやっぱりカゴでしょ。
ちょっと強引でしたが、カゴバッグは夏の必須アイテム!
大きいものなら荷物は入るし何より軽い☆そして、デザインもカワイイし~カスタマイズもできちゃったり?なのでシンプルなカゴバッグは持っていると何かと便利ですよね。
ファッションを問わず使えるようなデザインのものとかだとベスト。
ガーリーにしたいときにはお花のヘアアクセサリーとかブローチとかつけたり、スカーフを巻いたりしてもおしゃれ。
中に入れるバッグインバッグを布の巾着みたいなのに変えて、ちらっと外に見えるようにしてもカワイイよね。
私は大中小とカゴバッグを持っています。小はクラッチタイプでちょっとした夜の外出にも使えて、メタリックが少し入っているやつなんですけど、なかなか夏のお出かけに重宝しますよ~。オススメで~す。
関連キーワード:夏のファッション、海、水着、ワイヤービキニ


More »

最近気になる女性らしいアイテム

女性らしいアイテムといえば、レース?フリル?そんなのを連想しますよね。
でも、私が最近会った男性で、「タイトスカートが好き」という人がいました。
一見タイトスカートって、そんなに女性らしさってないかな~という気がしますけど、タイトならカジュアルなデニムスカートとかでもぐっとくるらしいです。
私が最近買ったタイトスカートは、ネオンカラーのグリーンっぽいやつなんですけどトップスはへプラムタイプのレースのものです。それにカーディガンをはおっていました。
その時に、その男性に言われました。「今日のかっこ可愛いね」って。う~ん、私としてはあんまり気負ったコーディネートじゃなかったんだけど、カワイイといわれるのはうれしいものです。
男性によって、好みは様々ですけど、彼の理想に近づくためには、さりげなくどんなファッションが好き?と聞いてみるのもありかもしれませんね。
女性らしいアイテムをお探しなら→acodesign.jp


More »

ギンガムチェックで鉄板ガーリー

ギンガムチェックのアイテムって持っていますか?
私は今年の夏、かなりおススメの柄だと思っています。
花柄やカラーのものが流行っているんだけど、カラーのアイテムと合わせるのもオススメです。
持っていて損はないのがギンガムチェックのシャツとクロップドパンツ。
まず、シャツはシンプルなキャミソールやタンクトップの上に羽織って必ず前は結びますそれだけでウエストが強調されて女性らしく見えます。
白のロングスカートとかと合わせるとよりかわいらしいですよ。
クロップドパンツもシンプルなTシャツやタンクトップ、無地のノースリーブのシャツなんかに合わせてフレンチガールっぽく。アクセサリーは忘れずに。
黒×白のギンガムの場合は色がさみしくなるのでアクセサリーやバッグにさし色を持ってくるとぐっとおしゃれな感じになりますよ。
パンプスやサンダルに派手な色を持ってきて遊んじゃうのもありですよね。
色で遊ぶプラスギンガムチェックで上級者テクニックですね。
水着の季節、ギンガムチェックビキニもオススメですね~http://www.acodesign.jp/products/list.php?category_id=84


More »

女性のクールビズファッションとは?

クールビズファッションと言っても、女性らしさは失わずかつ機能的な仕事服って悩みます。
そんな中、環境省の普及イベント「スーパークールビズ2013 キックオフ・イベント」に登場した米倉涼子さんの着こなしは、「これだ!」と、トキメキました。
全体的に締め付けのないストレートなシルエットながら、トップスの両脇に入った黒いライン。
これが体のラインをきれいに魅せてくれています。
張りのある生地を使ったノースリーブは単体で着てもオフィスウェアとして完成しますし、はおりものを合わせても二の腕が強調されにくい優れものです。
体を締め付けなければ涼しさがアップするのは分かっているのですが、ふわっとしたワンピは妊婦間違えられるし、ぺプラムは暑いと脇汗を結構かくので今年の夏は生地のシャリ感をポイントに置いて、お買い物してみようと思います。
関連情報:「35歳の高校生」の米倉涼子さんのヘアスタイルにしたいなら→pinkage.co.jp


More »

自己紹介をしてみます

こんばんは。今日は、まず簡単ながら自分のことを紹介したいと思っています。
当サイトを始めようと思った切っ掛けは、PCに詳しくなりたいと思ったからでした。
友だちには、行動力いっぱいな方だと思われているようです。
皆様を飽きさせないよう、こまめに更新しようと計画しております。万一、記事をサボるようになったらお叱りをよろしくお願いします!


More »